NOY'Z DESIGN WEB SHOP
サイトマップ トップ インフォメーション ステッカー ウェア グッズ その他のコンテンツ カートを見る
その他のコンテンツ
ステッカーの貼り方
ステッカーの使用例
よくあるご質問
装飾罫
バナー1
バナー2
当店リンク用バナーです。当店へのリンクに関してはこちらをご覧下さい。
装飾罫
mailはこちらのアドレスまで
装飾罫
OTHER image
よくあるご質問
よくあるご質問をQ&A形式でまとめました。
質問は項目別にまとめてありますので質問項目をお選び下さい。
ステッカー素材&貼りつけ編
ステッカーデザイン編
お買い物編
ステッカー素材&貼りつけ編
Q カッティングステッカーって普通のステッカーと違うの?
A 違います。普通のステッカーは、ステッカーの素材となるフィルムや紙に印刷を施してあるステッカーですが、カッティングステッカーは塩ビ製カラーシートを切り抜いた切り絵のようなステッカーで、よくお店のガラスに貼ってある「切り文字」と同じ仕組みのものです。シート地以外の部分は下地が出るため、ガラス面や下地をいかしたい部分に貼ると効果的です。
また、カッティングステッカーの貼り付けには、独特の手順とコツが必要ですので、ご理解の上お買い求めください。
カッティングステッカーについての詳細説明
Q ステッカーの素材と耐久性は?
A NOY'Z DESIGNのカッティングステッカーは3M社製の高品質塩ビマーキングシートを使用しています。屋外耐候5年〜7年(ただしメタリックは屋外3年。いずれもメーカー実測値)の上質な素材で屋外でも安心してご使用いただけます。
ステッカー素材の詳細説明
UP
Q カッティングステッカーって貼るの難しい?
A カッティングステッカーは通常のプリントステッカーと違い細部の造形が細かいため、台紙からペロッと剥がして貼りつけるというわけにはいきません。当店で販売しているステッカーくらいの大きさであれば、コツがわかればそれほど難しいものではありませんが、独自の手順と慎重な作業が必要なので、ステッカーに同封の貼り方説明をよくご覧になって下さい。また、貼りつけ作業の失敗によるステッカーの保証は負いかねますので、何卒ご理解の上お買い求めください。
カッティングステッカーの貼り方詳細説明
Q 剥がす時のことを考えると心配です。簡単に剥がせるの?
A ステッカーを貼っていた期間やステッカーの大きさにもよりますが、過酷な条件の屋外での使用を考慮した粘着力が高いシートですので、残念ながら簡単にペロッと剥がすことは出来ません。
基材(ステッカーの貼り付け場所)がデリケートな素材の場合は、貼る前と同等の原状回復が出来ない可能性もありますので、ステッカーを貼る前に、剥がす時のことを十分考慮の上でお貼りください。
剥がす際には、ステッカーを温めたり、ステッカーはがし液を使用して、基材を傷つけないように丁寧に作業してください。ステッカーを剥がす際に起こる基材への損害等は当店では一切の責任を負いかねますので、お客様のご判断でお願いいたします。
カッティングステッカーの貼り方詳細説明
Q 貼る時に「スキージ」って必要?
A 当店のステッカー程度の大きさであれば、慣れている方なら正直指でも貼れてしまいますが、確実にきれいに貼るにはスキージのようなヘラを使うのが一番です。専用のスキージでなくても、定規等でも代用できますが、エッジでステッカーや基材(ステッカーの貼り付け場所)を傷つけないよう、十分注意してください。
もちろん専用のスキージは作業性が良いのでご使用をお勧めいたします。
尚、スキージはコチラで販売しています。スキージにフェルトスキージカバーを貼って使用すると大変使い心地が良く、施工時の傷つけ防止にもなるので、ぜひお試しください。
UP
Q 貼ったら気泡が入ってしまったけど、どうしよう?
A カッティングステッカーは大変薄く粘着力が高いシートを使用していますので、張り直しは出来ません。ただ、気泡の程度にもよりますが、貼りつけ後2日〜1週間程度でステッカーが馴染みほとんどの気泡は自然に消えてしまいます。1週間経っても消えない気泡も、2〜4週間くらいで消える場合もあります。どうしても消えない気泡は針で穴を開けて空気を追い出す方法がありますが、まずはしばらく放置してみてください。驚くほど気泡が自然になくなってますよ。
Q 車のボディに貼っても大丈夫?
A 当店で使用している3M製マーキングシートは屋外使用向でカーマーキングや屋外ディスプレイ用として広く使われておりますので車のボディにもよくマッチいたします。
ただし問題もあります。カッティングステッカーは粘着力が非常に強力ですので、剥がすのに大変な場合がありますので、剥がす際にはボディを傷付けないようご注意下さい。
また、長年貼っていたステッカーを剥がすと、貼っていた場所と他の部分とに色差が生じてしまう可能性があります。これは、経年変化や紫外線による日焼け等でボディの色が褪色し、ステッカーの貼ってあった場所はステッカーがマスキングとなってボディが保護されていたために色差が出来てしまうもので、当店のカッティングステッカーに限らず起こる可能性のあるものです。
いずれの場所に貼る場合も、ステッカー貼付け及び剥がした後に起こる基材(ステッカーの貼り付け場所)への損害等は当店では一切の責任を負いかねますので、お客様のご判断でお願いいたします。
Q リアウインドウのワイパー稼働範囲に貼っても大丈夫?
A ステッカー表面に傷が付いたり、剥がれがおこる場合があるので、ワイパーの可動範囲への貼り付けは推奨いたしません。お客様のご判断にてお願いいたします。
UP
ステッカー素材&貼りつけ編
ステッカーデザイン編
お買い物編
戻る
Copyright© 2002 NOY'Z DESIGN, All rights reserved.
Web Site Designed by NOY'Z DESIGN + HISAE KUBOKI